共生と「個」の尊重 〜一人ひとりを大切に〜
大阪私立学校人権教育研究会
HOME
私学人研とは
全体組織構成
部会活動紹介
課題別研究委員会紹介
調査・研究活動
リンク集
お問い合わせ
ご相談はこちら
 

 

 
秋期推進委員人権教育研修会
 
 
 

 

 
   日時 : 2015年10月23日(金) 14:00 〜 16:00  
   会場 :私学会館 4階 講堂  
   内容:講演  
   演題 :「同対審」答申 50 年、今問われていること  
   講師 : 近畿大学人権問題研究所 部落解放・人権研究所代表理事  
 

 奥田 均 さん

 
 
 
 

[1]部落問題、人権問題の3つの必読文献

 
  [2]「同対審」答申のあらまし 経済的な困難  
 

[3] 20 年遅れの部落問題と日本国憲法との出会い(「同対審」答申が出される経緯)

 
 

(1)部落解放運動の再建

 
 

(2)貧乏も差別だ!・・・差別のとらえ方の発展

 
 

(3)国策樹立運動の展開

 
 

(4)同和対策審議会の設置と答申

 
 

[4]「同対審」答申の論点@‥部落差別の存在認知

 
 

(1)部落差別は存在する!

 
 

(2)実態調査

 
 

[5]「同対審」答申の論点A‥部落問題解決の展望

 
 

(1)部落問題は解決できる

 
 

(2)「宿命論」批判

 
 

(3)「寝た子を起こすな論」批判

 
 

[6]「同対審」答申の論点B‥「差別あるかぎり推進」する行政責任

 
 

[7]「同対審」答申の論点C‥課題の具体的明示と総合性・計画性

 
 

[8]「同対審」答申の論点D‥3つの法律の必要性

 
 

(1)答申が求めた3つの法律

 
 

(2)法律のもつ啓発効果

 
 

[9]「同対審」答申からの問いかけ